アーカイブ

2010 年 3 月 のアーカイブ

桜咲く

2010 年 3 月 30 日 bless コメントはありません

         

あっという間に、3月も明日で終わり・・・。年度末で忙しい方も多いのでは無いでしょうか?

さてさて、ここ数日は雨や曇りで冬に逆戻りしたかのような寒さが続いていましたね。寒さが続いたおかげで、東京の桜の見頃は今週末がピークとなりそうです。

ちょっと早かったのですが、先日の日曜日に“お花見”に出掛けてきました。といっても、メインはイチゴ狩りだったのですが・・・。

ここ数年、私の家の毎年恒例イベントとして、3月にイチゴ狩りに出掛けているのです。例年だと栃木に行き『とちおとめ』なのですが、今年は茨城に!映画で有名になった下妻市まで行ってきました。そしてイチゴ狩りの後に、お花見へGO!

父の単身赴任先から徒歩3分の場所にあるお花見スポットへ行ってきたのです。龍ヶ崎市では有名な“般若院の枝垂れ桜”です。(写真:左) まだ早かったため蕾の状態ですが、とても立派な桜なのです。樹齢は推定400年、高さ10メートルにもなる桜は、県の天然記念物 指定文化財に認定されているとのこと。

満開になると(写真:真中)のように、素敵な時間を楽しませてくれる桜です。私が行った時はまだ蕾だったので、写真はインターネットから拝借させて頂きました。ライトアップもされ、本当にキレイ(^▽^)私の父は桜が満開になると、毎朝コーヒーとパンを持参して、桜を見ながら朝食を取るのが日課です。

花見朝食なんて、贅沢で素敵な時間の使い方だと思いませんか♪

さてさて、田園調布の桜もだいぶ咲いてきています。(写真:右) 天気の良い日に、田園調布の桜と街並みを見ながら“のんびりお散歩”がおススメです♪

ぜひぜひ今週末は、田園調布でお散歩お花見をお楽しみ下さい。そして、ランチはもちろんブレス・キュイジーヌ(^▽^) 今週末のランチはお花見客で賑わいそうなので、ご予約をおススメします。

カテゴリー: 過去の記事 タグ:

雑誌の撮影に・・・

2010 年 3 月 27 日 bless コメントはありません

本日は朝から雑誌の撮影に出掛けてきました♪撮影を行ったのは、何度かご紹介させて頂いた“東玉川のお家”です。4月末に発売される雑誌に掲載するための取材プラス撮影でした。

朝10時にお伺いし、終わったのは13時を過ぎてしまいました・・・。実際に住んでみた住み心地や気に入っているポイント、なぜ当社にご依頼頂いたかなど根掘り葉掘り(笑)いろいろとお聞かせ頂いたのです。

もちろん、撮影も!プロのカメラマンさんに取って頂きました。いやぁ~、プロは違いますね。撮り終わった写真を見せて頂いたのですが、なるほど!このアングルから撮ると、全体が写って素敵なんだなぁ~などなど、勉強させて頂きました(^▽^)

今回の撮影はお施主様にもご協力頂き、愛犬とリビングで寛いでいる写真なども撮らせて頂いています。約3時間に及ぶ取材と撮影にご協力頂いたI様。本当にありがとうございました。

今回の撮影に便乗して私達の自分のカメラで撮影をしましたので、次回写真をまとめたらご紹介いたします。雑誌が発売されたら、そちらの告知もさせて頂きますので、ぜひぜひ雑誌もチェックしてくださいね。

カテゴリー: 過去の記事 タグ:

さりげないのに素敵なインテリア

2010 年 3 月 26 日 bless コメントはありません

         

北欧家具や北欧スタイルが素敵なスウェーデン。子供の頃から家で自然にインテリアのセンスが磨かれているのだと思います。インテリアのプロでは無く、一般の方でさえインテリアセンスが抜群!さりげない小物飾りや家具使いを真似したいなっと感じることが多い国です。

以前読んだ雑誌に掲載されていた記事に、スウェーデンのごく一般的な家庭のお話しで、リビングのインテリアの色味に赤が足りないと思った奥様が、瓶にプチトマトを入れて窓際に飾ったという話がありました。

何か色味が足りないと気付くことはもちろんですが、何を飾ろうかと考えた時にプチトマトの赤がアクセント色になるという発想も凄いなっと感じました。

そんな素敵な国ですが、“福祉の国”としても有名ですよね。日本のような2世帯住宅という考え方は無く、体が不自由になると施設に入居し国が保証するというのが一般的な考え方の国です。そんなスウェーデンの施設のインテリアという記事を見て、素敵だなっと感じたのでご紹介します。

日本の施設をイメージすると、無機質なイメージが多くありませんか?スウェーデンの施設は、まるで家にいるかのようなインテリアセンスの光る場所となっているようです。

写真(左)は、窓辺に飾られた植栽とテーブルセット。ここでのんびり読書やお茶をしたら気持ちよさそうですね♪

写真(真中)は、施設の共有スペースの壁にテーブルとイス。テーブルの上には綺麗な色のクロスを掛け、心が和む優しい色使いとなっています。

写真(右)は、入居者様のお部屋の窓廻りの写真です。ここの部屋には、お気に入りの家具を持ち込んだり&写真や絵を飾ったりと、それぞれが好きなアレンジを楽しむことができるようです。

心和む素敵な施設だと思いませんか?特別にプロがコーディネートしているわけではなく、施設のスタッフさんが飾っているとのこと。凄いなぁ~っと感じました。

施設のスタッフさんの心遣いとセンスの良さ!入居者の方が家で寛いでいるような空間を作ろうというホスピタリティー!

日本もモノが溢れる時代になり、いろいろなインテリアスタイルが生まれ、家やインテリアに対する価値観はだいぶ変化しています。また、イケヤやニトリなど低価格なのに色使いや柄が素敵なインテリアショップも増えています。どんどんインテリアを楽しむことが身近な国になってきていると感じますよね♪

近い将来、病院や福祉施設といった公共の場所も上手にインテリアを取り入れた素敵な空間が生まれてくるかもしれませんね♪

そんな記事を書く私ですが・・・。今の家は仮住まいだからと言ってあまりコーディネート出来ていないのです。学生時代は自分で家具を作ったり・塗装したり、部屋の壁や天井を塗装したり、カーテンも手作りしたりと手を掛けていたのですが。最近は日々の生活に流されて何も出来ていないのです(T T)

もっと自然に楽しくインテリアを楽しむ&自分の家にも取り入れられる上手な生活を心掛けていきたいですね(^▽^)

カテゴリー: 過去の記事 タグ:

すこし前の話題ですが・・・

2010 年 3 月 25 日 bless コメントはありません

         

なんだか急に寒くなりましたね。
つい先日に桜の開花宣言が出されたと思いきや・・。
それでも来週には、きっと五分七分と桜の咲きだす様子がみられるのでしょうね。
楽しみです。

ところで少し前の話で恐縮ですが、3月の初め私休暇を利用して輪島を旅してきました。
そこでのひとこまをお伝えしようかと思います。

実は激安ツアーでした。故に漆塗りの工房見学が自動的についていたのです・・。その工房でのワンショット。
そうです。トイレの手洗いです。さすが漆塗り工房だけあって手洗いカウンターが和風でモダンに仕上がっていました。漆なのかな~、洗面ボールをカウンターに落とし込んで断面が赤く塗られています。
黒のカウンターに赤のアクセントが目を引きました。
旅行先で、トイレの手洗いカウンターを撮るのもどうかと思いましたが、気になるものはひとまずレンズに収めておきます。

次の二枚の写真は、上国時家でのショット。
上国時家は、平時忠の子孫によって建てられた茅葺きの邸宅です。写真2の畳の敷き方に注目です。
ここは「控えの間」と言って、使えの者が家人に対して報告などおこなっていた場所。真中の2枚は奥の間に向かって縦に敷かれています。
なるほど、廊下からつながっているような印象です。
写真3は中庭に面した廊下。奥の引き戸のアーチがなんとも言えない雰囲気です。

久しぶりに飛行機に乗った旅をしました。
東京と違った風景を見て、気分もリフレッシュ。
お仕事も、がんばります。(笑)

カテゴリー: 過去の記事 タグ:

東玉川の家 Part2

2010 年 3 月 20 日 bless コメントはありません

約2ヶ月間の工期のすえ、ようやく完成しました♪

“ 東玉川のお家 ”

南欧風の可愛らしいイメージを意識してデザインしたお家です。私自身もこの家に住みたい(^▽^)っと思うほど、素敵なお家に大変身しました。

現場が会社から近いということもあり、私も現場に出来るだけ顔を出すようにしていました。最初は思ったデザインに仕上がるのが不安もありましたが、工事が進むにつれて、変身ぶりに私もビックリ!

工事中に現場に行っては、『可愛いぃ~』っとほれぼれしていたのです(笑)引渡しも無事に終了し、お客様がお引っ越しされ、玄関のカギをお渡ししたのが昨日。

今までは自由に入れていた現場に、今日からは入れません・・・。引き渡したのだから当然のことですが、自転車で現場まで行き『可愛いぃ~』っと惚れ惚れすることが毎日の日課となっていた今日この頃。もう自由に見れないと思うと、ちょっと寂しくなってしまったのです。自分も住みたいっと思ったからこそ、今回は特に強くそんな思いを持ってしまいました・・・(笑)

でも一番嬉しかったのは、お客様が本当に気に入ってくれたこと。何度も何度も“ありがとう”っと言って頂けたこと♪♪

“ありがとう”“素敵で気に入った”

何よりのご褒美ですね(^▽^)

写真はお引き渡し前日なので、まだ資料やら工具やらが写ってしまっていますが・・・。全容は次回ご紹介いたします。

実はこちらのお家、雑誌に掲載することが決まり、来週に撮影を行うのです。その時に、いっぱい写真を撮ってきますので、今しばらくお待ちください。

カテゴリー: 過去の記事 タグ:

昨日のニュースから

2010 年 3 月 18 日 bless コメントはありません

         

昨日の夜、家に帰ってテレビを見てみると、白熱電球に関するニュースが流れていました。今日の朝のニュースでも取り上げられていましたね。

以前から話が出ていた2012年をめどに白熱電球の製造・販売を中止するという件です。

今回、製造・販売を中止したのは→東芝です。

東芝は日本で初めて白熱電球の製造・販売を始めた企業で、120年の歴史ある事業の一つだったとのこと。一番最初に始めた会社が、一番最初に中止する・・・。最初に始めたからこそ、最初に中止して、他社への見本となる。勇気のある判断だなっと感じました。

以前に比べて需要が減り始めているとはいえ、まだまだ白熱電球の色味を好み、購入するユーザーが多いのが現状ですから。

地球温暖化の原因とされる二酸化炭素の排出量を削減するためになされた製造・販売中止。すでに生産中止を決めている企業もあれば、まだ発表していない企業もありますが、2012年頃には本格的に一般向けの白熱電球は無くなっていくのでしょう。

ちなみに、皆さんもご存じのように、一般電球の後継品は電球型蛍光ランプとLED電球。

電球型蛍光ランプは、2003年の時点で白熱電球の生産量を上回っていました。さらにLED電球は2007年に販売され、当初は1万円くらいしていたものが、昨年頃から普及が進み、価格は4000円くらいまで落ちてきているようです。電球シェアで見ても、だいぶ増えてきているとのこと。

まだまだ開発段階のLED電球。今使っている器具との相性は?器具との相性が悪くて、電球寿命が短くなってしまわないか?などなど、気になる部分も多いですが・・・。

最近の消費者傾向を考えると、エコを大切にしているので、普及していく商品だと感じますよね。

もちろん、企業側の努力と技術開発も進んでいます。東芝では、一般向けLED電球の明るさを調整できる調光型の商品充実も図る予定です。きっと2、3年後には、電球シェアはLED電球がトップになる日が来るのでしょう。

カテゴリー: 過去の記事 タグ:

キッチン間仕切り工事

2010 年 3 月 17 日 bless コメントはありません

         

2月に工事を行ったお家のご紹介♪

キッチンとリビングを遮る間仕切り壁に開口を開けて、キッチンで料理をしている時も子供たちの様子が確認できるようリフォームしたいというご相談を頂いたお家です。

キッチン側の壁面には収納家具を置いているため、収納量を減らさずに開口を開ける方法が無いかと悩んでいらっしゃいました。

収納を考えずに壁を壊してオープンにしてしまう方法。腰までの壁は残して上部は天井までオープンにしてしまう方法。腰壁と垂壁を残して、間を開口とする方法など、いろいろな案を検討しました。検討する中でイメージを分かりやすくするために、イメージパースを作成しご提案。

最終的に決定したプランは・・・。

写真②のパースのように、腰壁と垂壁を残して開口を開ける方法です。キッチン側は吊戸を設置し、収納量が減らないように考慮しています。またリビング側は、腰壁にニッチ・垂壁に飾り棚を設置し、小物を飾れるスペースも作りました。

さらに、一工夫

写真③の開口の左側をよぉ~く見てください。ガラスの間仕切りを設置しています。これはキッチン側にガスコンロがあるので、油飛びなどがリビング側にいかないようにしています。

掃除のしやすさ+見た目の良さを考えたご提案です。

写真の説明を忘れていましたね(><)

写真①は、工事前の写真
写真②が、ご提案したイメージパース
写真③が、工事完了写真

間仕切りに開口を開けるだけで、だいぶイメージが変わりますよね♪料理中でもお子様の様子を確認できるのはもちろんですが、小物を飾る楽しみも増えました(^▽^)

開放的になったキッチンは、以前より明るくなった感じもします。ちょっとした“部分リフォーム”もお任せ下さい♪

カテゴリー: 過去の記事 タグ:

極楽寺の家

2010 年 3 月 12 日 bless コメントはありません

         

も~大変!!花粉症の私・・・。
このところ、鼻をずびずび言わせています。
ブレスカンパニーは社長はじめスタッフ殆ど、花粉症(*_*)。
春が来るのは待ち遠しくも、つらい日々の始まりかと・・・(T_T)。

さて、今日は「極楽寺の家」の報告です。
床が貼られ、間仕切りができて来て、少しづつ形を変えています。
写真1は、玄関から延びる廊下部分。廊下幅、約1mと広めに取っています。

写真2は、キッチンの方向を見ています。
明るいキッチンとなりそう(*^_^*)

写真3はキッチンから下がったリビング部分。
前回ご報告から、窓が大きくなったのがわかりますでしょうか?

解体して形が見えてくると、楽しみがましてきますね。今後の様子も、お楽しみに~。

カテゴリー: 過去の記事 タグ:

新 ☆ 東玉川の家

2010 年 3 月 11 日 bless コメントはありません

         

昨年の末にお問い合わせを頂いたI様。2年ほど空家となっていたお家を愛犬と一緒に住めるお家にフルリフォームしたいとご相談に来られました。

1階がキッチン・浴室・和室、2階が和室と板の間という間取だったお家をガラリとフルリフォーム!

1階は主寝室と浴室、大容量のウォークインクローゼット、2階にキッチンとリビングという間取に変身中です。また、2階は和室とベランダにH450ほどあった段差を解消するために、リビングの床を上げたり・・・。空間を広く魅せるために、既存の天井を解体して梁を露出し、天井高を上げたり・・・。

外壁もビックリするようなイメージチェンジをご提案しました。

まだ工事中ですが、その模様を少しご紹介いたします。

写真①が既存の状況です。

写真②は、間仕切り壁を解体しスケルトンにしました。そして柱を補強し、さらに全体に断熱材を入れて、快適に過ごせる空間を作っています。ちなみに、サッシもすべてペアガラスに交換しているので、以前よりも断然に断熱性が向上しています。

写真③は、数日前の状況。壁も天井も出来上がり、キッチンも入りました。キッチンは養生がされているので、分からないと思いますが・・・。YAMAHAのベリーを採用しました。

工事は3月中旬くらいには完了予定。あと1週間から2週間というところでしょうか。今は内装工事が終わりに近づき、そろそろ外廻りの工事に着手する予定です。

完成イメージは奥様の好みに合せて、ハートモチーフを取り入れた可愛らしい雰囲気になる予定。

さてさて、どんな風に変わるかのか・・・

楽しみですね♪

カテゴリー: 過去の記事 タグ:

お雛様

2010 年 3 月 8 日 bless コメントはありません

    

ちょっと時期は過ぎてしましましたが、先日の私の家での雛祭りの模様をご紹介♪

以前は忙しくて飾れない年が多かったのですが、母が定年を過ぎ少し時間に余裕が出来てきたこともあり、毎年3月初旬は雛祭りが恒例となりました。

写真①

これが私の家の雛祭り!

しかし写真を観て分かるように、私の家の雛祭りは、ちょっと一般的な様子とは異なります。なぜか、なぜか、兜が飾られています。

そうです。本来は5月5日に飾るはずの兜が、お雛様に便乗して飾るのが私の家流!

そして、今年は新たな変化がありました。

それは、12段飾りの2段目を観てみると分かります。なぜか2段目にもお内裏様が・・・。

そうです。12段飾りのお雛様と1段のみのお雛様の2セットがある私の家では、今年はなぜか1段目と2段目にお内裏様を飾ってしまったのです。

母曰く、せっかくのお内裏様だから両方とも上に飾ってみたのとのこと。正しい飾り方から考えると変なことになっていますが、母の優しさを感じ嬉しくなりました。

家によっていろいろな考え方、やり方があると思いますが、皆様のお家の雛祭りは、いかがですか?

私の家では今年も姉夫婦と甥っ子、そして私と兄と両親が集まり、賑やかな雛祭りを行いました♪ 飾り方は・・・ですが、皆で楽しく集まれることを大切にしているのが私の家流でした。

最後にもう一枚の写真。

こちらは私の父の作品“一輪ざし”です。とても素敵に出来ていたので、ご紹介させて頂きました。

土器作り、大仏作り、陶芸、木彫りの仏像彫り、写真など、いろいろなことに興味を持ち趣味で作品を作り続けてきた父が最近凝っているのが、一輪ざしなのです。

今回の作品は素敵に出来上がっていました♪壁に飾るとインパクトもあり、壁が華やかになりますよね。私の家にも一輪ざしが欲しいと父にリクエスト中なのです☆

カテゴリー: 過去の記事 タグ: